YouTube登録者数を非表示にするメリットは?非表示推奨ジャンルも紹介!

YouTube登録者数を非表示にするメリットは?非表示推奨ジャンルも紹介!

「YouTubeの登録者数が少ないから非表示にしておきたい…」

「登録者数を非表示にしているチャンネルがあるけどメリットはあるの?」

「登録者数を非表示にするデメリットも知りたい!」

YouTubeの登録者数はそのチャンネルの人気度を示すもの。

チャンネルを開設した初期段階は登録人数も少なく、「登録者数を非表示にしておいた方が伸びるのでは?」と考えたりしますよね。

僕自身YouTube歴5年を超え、現在は数多くのYouTuberさんをプロデュースしていますが、
登録者数の表示・非表示問題については、”ジャンル次第”だと思っています。

そこで今回は、YouTube登録者数の非表示にするメリット・デメリットをご説明するともに、

  • 登録者数を表示にした方がいいジャンル
  • 登録者数を非表示にした方がいいジャンル

についてご紹介していきたいと思います。

この記事を読めば、あなたのYouTubeチャンネルの登録者数について、”表示・非表示”の選択に迷うこともなくなります。

是非、最後まで読んでみてくださいね。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

YouTube登録者数を非表示にするメリットは?

まずは、登録者数を非表示にするメリットについてご紹介していきます。

特にチャンネル初期段階での話になりますが、以下の2点があります。

①視聴者に”登録者数が少ない=面白くないチャンネル”と思われるのを防ぐこと
②チャンネル登録しやすくなること

①視聴者に面白くないチャンネルと思われるのを防ぐこと

前述の通り、登録者数がチャンネル人気度の指標にもなっています。

視聴者が動画を視聴するかの判断に、チャンネル登録者数を見る方も多くいるのが現状です。

例えば、登録者数10万人のチャンネルと50人のチャンネルが、同じ内容の動画を投稿したとします。

どちらの動画を視聴しようか悩んだ際、前者の方が「登録者数が10万人いるし面白い動画だろう」と判断する人が多いと思います。

このように、チャンネル開設の初期段階であれば登録者数を非表示にすることで、
人気のないチャンネルと思われずに効率的に登録者数を増やしていくことが可能なのです。

②チャンネル登録しやすくなること

登録者数を非表示にすることで、チャンネル登録を促しやすい効果もあります。

これは人間心理的なものでもありますが、例えば登録者数が10人のチャンネルに登録するのと、100万人のチャンネルに登録するのでは気軽さが違いますよね。

前者であれば、自分が11人目になるということでまだまだ個の存在が大きく、多少の恥ずかしさだったり勇気が必要だったりします。

一方、100万人であれば大勢の中の1人ということで、気軽に登録が可能なんですね。

お店でも一緒で、すぐ近くに50人が行列する店Aと1人しか並んでいない店Bがあったとります。

「50人が行列しているのだから店Aは美味しいだろう」と店Aを選ぶ人が大半です。

中には、「店Bの商品が魅力的なんだけど1人しか並んでなくて恥ずかしい…」と躊躇して店Aを選ぶ人もいます。

これはYouTubeも一緒で、登録者数を非表示にすることで自分の存在を意識せずに登録が可能になっていきます。

質の高い動画を提供することが大前提

ここで注意点もあります。
登録者数の表示・非表示問題よりも、まずはクオリティの高い内容の動画を提供するということが1番大事です。
視聴者に求められるような内容の動画を投稿した上で、登録者数の表示・非表示を考えていくべきでしょう。

YouTube登録者数を非表示にするデメリットは?

一方、登録者数を非表示にするデメリットも存在します。

視聴者が応援しにくい

視聴者がチャンネル登録してくれるということは、あなたのファンになっているということです。

ファンとしては「登録者数が少ない初期から応援していた」という思いがありますね。

アイドルを例にすると、ドルオタの心理として「最初はあまり人気なかったけど、自分が支えてここまで人気になった。」という感情があると思います。

アイドル側としても、個々人との距離が近いからできたパフォーマンスもあったわけです。

YouTubeも同じことで、

登録者数10人の時から応援してきて、今は登録者数10万人の人気YouTuberになった

という思いがファンの中にあります。

チャンネル登録者数が非表示の場合、自分が初期からのファンなのかがわからず、この感情が生まれにくいのです。

また、2021年現在は収益化の一つの壁として、チャンネル登録者数が1,000人というのがあります。

1,000人にもうすぐ到達する!という状況であれば、ファンがSNSなどでシェアしてくれることもあります。

動画が伸びた時には一緒に喜んでくれることもあります。

このように、チャンネル登録者数を表示しておくことであなたとファンとの距離間が近くなります。

逆に非表示にしていると多少の距離感を感じてしまい視聴者が応援しづらいという状況が生まれてしまいます。

登録者数表示OKジャンルとNGジャンル

これらのメリット・デメリットを見ると、登録者数を表示させてもOKなジャンルとNGなジャンルが見えてきますね。

○登録者数表示OKジャンル:エンタメ系、日常系
×登録者数表示NGジャンル:ビジネス系、ハウツー系

登録者数表示OKジャンル

エンタメ系、日常系

これは、前述の「非表示にすることでデメリットが発生してしまうジャンル」になります。

エンタメ系や日常系であれば、投稿者とファンの距離が近いことも大事。

先ほどの「初期から応援してる自分」という感情も生まれやすいジャンルになります。

こういったジャンルであれば、登録者数を表示にしておくといいでしょう。

登録者数表示NGジャンル

ビジネス系、ハウツー系

一方、非表示にした方がいいジャンルは、権威性が大事なジャンルで、非表示にするメリットが活かせるジャンルになります。

ビジネス系やハウツー系は、権威性がとても大事。

チャンネル登録者数は、権威性をアピールできる一つのポイントなんです。

どんなに知識や実績があっても登録者数100人しかいなければ、

「内容が面白くないのではないか?」「本当に有益な情報が得られるのか?」

と、チャンネル登録はもちろん、動画を視聴するか迷いが生じますね。

登録者数を非表示にすることで、この迷いを減らすことが可能です。

結果として、チャンネル登録され、ファン化に繋がっていきます。

いつまでチャンネル登録者数を非表示にしておけばいいの?

YouTube収益化の条件として、「登録者数1,000人」があります。
そのタメ、1,000人くらいまでは非表示にしておいて、様子を見るのもいいでしょう。

権威性が大事なジャンルは非表示で

今回は、YouTubeのチャンネル登録者数 表示・非表示問題について、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。

ビジネス系YouTuberであれば、権威性が大事なジャンルになっていきますので、登録者数1,000人くらいまでは非表示にしておくといいでしょう。

逆にエンタメ系であれば、初期段階からファンと近い距離で接することを目的に、登録者数表示しておくといいと思います。

いずれにしても、これらの問題は些細なことです。

それよりも、まずは視聴者のニーズに合致したクオリティの高い動画を投稿していくことを心がけていきましょう。

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる