【例文あり】YouTubeのコメントの返し方|名前のメンション機能も徹底解説!

【例文あり】YouTubeのコメントの返し方|名前のメンション機能も徹底解説!

「YouTubeのコメントの返し方がわからない…」

「コメントの返し方にマナーはあるのかな…」

「そもそもどういう返事を書けばいいかわからない…」

YouTubeで情報を発信していると、視聴者からコメントがもらえることがありますよね。

そんな時悩んでしまうのが、どんな返事をすればいいのかということ。

YouTubeでビジネスを始めて僕自身も5年になりますが、最初は僕もどう返事をすればいいか悩んだ時期がありました。

そこで今回は、YouTubeのコメントの返し方について、例文を交えながらご紹介していきます。

この記事を読めば、YouTubeのコメントへの返し方に関するマナーがわかり、返事に悩む事もなくなります。

また、例文をコピペするだけでサクッとコメントを返していけますので、是非最後まで読んでみてくださいね。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

YouTubeのコメントの返した方がいい理由

そもそもなぜ、YouTubeのコメントを返した方がいいのでしょうか。

それは、

  • YouTubeからの評価に繋がる可能性がある
  • コメントを返すことでファン化が進む

からです。

YouTubeのコメント欄が盛り上がるほど、YouTube側が「視聴者の反応が良い動画」と認識する可能性が高まります。

そして何よりも大事なのが、コメントを投稿してくれた方のことを考えること。

自分がコメントを書き込んだと思って想像してみてください。

ちょっとした感想コメントでも、返事がないと

「無視されたかも…」
「テキトーな性格なのかな…」

意外とショックを受けたり、発信者へのネガティブなイメージに繋がりやすいですよね。

ですが、

「ありがとうございます!」

この一言があるだけで、印象がかなり変わってきます。

もはや、反応がもらえただけでも嬉しくなりますよね。

このように、一人一人にちょっとでもいいのでコメントを返すことで、ファン化が進んでいくのです。

ただ、この”ちょっとでもいい”という匙加減もなかなか難しいところ。

そこで、次にコメントの返し方の具体例と例文を紹介していきます。

Youtubeコメントへの返し方・例文まとめ!

コメントへの返事は、以下のポイントを押えていけば大丈夫です。

①ハートをつける

②最初にコメントをくれた視聴者の名前を書く

③コメントへの感謝を伝える

④質問には丁寧に答える

+αとして… 自然な流れで他の動画への誘導も

パターン①感想コメント

まずは感想コメントから例を見ていきます。

多くは「動画が分かりやすかった」などの感謝のコメントです。

動画を視聴し、更にコメントを書き込みたいと思ってくれた方ということで、あなたにかなり興味を持っている状態ですね。

ここで更にファン化を進めるため、きちんとコメントに返事をしていきましょう。

①コメントに対してハートを付け、コメントしてくれた方への感謝の気持ちを表しましょう。
②コメントしてくれた方の名前を明記します。(メンション機能は後述します)
③文章でも感謝の気持ちを表します。
+αで、他の動画への誘導もできるとGOODです!

【例文】
○○さん
コメントありがとうございます!

[コメント内容に触れる]

他の動画でも○○について解説していますので、見てみてくださいね!

パターン②質問コメント

質問コメントが来た場合は、その質問の内容によって返事が変わってきます。

知っておいていただきたいのは、「調べ物をしてまで返事をする必要はない」ということです。

一般的な質問内容の場合

一般的な質問内容の場合であれば、丁寧になるべく具体的に答えるといいです。

個人的な質問内容の場合

個人的な質問内容が来た場合、その悩みに全て答えていくと、それはもう有料級のコンサルになってしまいますね。

どこまで答えたらいいかは難しいポイントではありますが、

抽象的な回答をする

のがいいのではないでしょうか。

こちらの例は、もちろん丁寧に回答はしていますが、実際のコンサル生さんにはもっと具体的な回答をしています。

更に踏み込んだ質問をされた場合…
抽象的な回答に対し、更に具体的な質問が来た場合は、
「有料のコンサル生さんもいるので…」と回答を断るといいでしょう。

例3) アンチコメント

意見ではなく、誹謗中傷などのアンチコメントが投稿された場合は、返信するのではなく削除してしまいましょう。

あまりにひどい場合は、特定のユーザーをブロックすることも可能です。

削除方法は以下の記事をご参照ください。

関連記事:YouTubeコメント欄の非表示はNG?特定のユーザーを個別にブロックする方法まとめ!

YouTubeコメントへの返し方

それでは、実際にコメントへの返事をしていきましょう。

STEP1 コメントが投稿された動画ページに行く

まずは、YouTubeを開き、コメントが投稿された動画のページに行きます。

コメント一覧からも確認できます。

YouTubeStudioトップページ→コメント

STEP2 コメントに返信する

まずは、ハートを付けて、コメントを投稿してくれた方に感謝の気持ちを表します。

次に「返信」をクリックして、メッセージを書き込み、右下「返信」をクリックして完了です。

この時、相手のチャンネル名(名前)の前に「@」を付けることで、その投稿者のチャンネル ホームページへのリンクを設定することができます。

これを「メンション」と言います。

まとめ

今回は、YouTubeコメントへの返し方を例文を交えながらご紹介しました。

SNSでもそうですが、コメントの返信が返ってくるととても嬉しいですよね。

それがきっかけで、この人のことをもっと知りたい!と思うこともあると思います。

YouTubeも一緒で、このようなコツコツとした努力が、YouTubeチャンネルを確実に伸ばしていくのです。

コメントが来たら、なるべく早めに返事をしていきましょう!

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる