【登録者が増える】ビジネスYouTuberおすすめの投稿頻度は?質と量のバランスが大事です。

【登録者が増える】ビジネスYouTuberおすすめの投稿頻度は?質と量のバランスが大事です。

「ビジネス系YouTubeのベストな投稿頻度が知りたい…」

「毎日投稿した方がいいって聞くけど、YouTube以外にもやることはあるし厳しい…」

ビジネス系でYouTube発信している方の多くは、YouTube以外にも仕事があり、投稿頻度に悩むことも多いですよね。

僕自身YouTube歴は5年を超え、今では登録者3万人を超えるチャンネルを運営しています。

もちろん僕もYouTube以外に複数の仕事をしており、YouTubeにだけ時間をかけるわけにはいかないんですね。

そこで大事になってくるのが、動画の質と量のバランス。

毎日投稿するために質の低い動画になってしまったり、反対に質にこだわりすぎて不定期投稿になったりと、
質と量のバランスが悪ければ、当然ファンも付かず登録者は増えません。

「なるほど、、でもその”バランス”がわからない!」

という声もあるかと思いますので、

今回は、ビジネス系YouTuber向けにオススメの投稿頻度をご紹介したいと思います。

この記事を読めば、あなたのYouTubeチャンネルに最適な投稿頻度がわかり、効率的にチャンネルを伸ばしていくことも可能です。

是非、最後まで読んでみてくださいね。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

定期的な投稿でファン化が進む

最初にお伝えしたことは、YouTubeは定期的な投稿をすることがとても大事ということ。

定期的な投稿をすることでファンの訪問が習慣化し、結果としてチャンネル登録者を増やすことに繋がります

また、

人間は習慣の生き物である

という言葉があるように、成功するためには習慣化がとても大事です。

不定期投稿の場合、「今日は面倒だから明日でいいや」と投稿を諦めてしまうものです。

そうなってくると投稿すること自体がストレスとなり、段々と投稿頻度も落ちていきます。

ついには投稿を辞めてしまうこともありますね。

「毎週火曜日と金曜日の19時に投稿!」

と投稿を習慣化しておくことで、それが日常になっていき、ストレスもかかりにくくなっていきます。

結果として、あなたのYouTubeチャンネルが伸びていく。

YouTubeの可能性が広がっていくんですね。

YouTubeの投稿頻度は質と量のバランスが大事!

定期投稿が大事とお伝えしましたが、注意点もあります。

定期投稿に縛られすぎて動画の質を下げてしまっては意味がないこと

巷では、「毎日投稿すればYouTubeチャンネルが伸びる!」という話もあります。

確かに、毎日動画が投稿されれば、視聴者が毎日あなたのチャンネルに訪れることになり、それが習慣化していきます。

しかし、毎日投稿というのは想像以上にハードです。

企画・撮影・編集をする時間を確保できる人員がいれば問題はありませんが、1人でこなそうとしてもなかなかできるものではありません。

結果として、

  • つまらない内容になってしまう
  • 動画のクオリティが低くなってしまう

クオリティが低下すると、視聴者が求めていることと、コンテンツの内容にズレが生じ、ファン離れが起きてしまいます。

特にビジネス系であれば、つまらない内容になってしまうのは致命的。

自分の首を絞め、さらにファン離れが起きるという負のループに陥ってしまうんですね。

そのため、まずはあなたが1週間で動画制作にあてられる時間を考えること。

その上で、自分に合った投稿ペースを決めていくことが大事になっていきます。

自分のペースに合わない投稿頻度で動画のクオリティを下げるより、
週に1回でも定期投稿をしていくことで、あなたのYouTubeチャンネルを確実に伸ばしていくことが可能になります。

ビジネス系YouTubeオススメの投稿頻度は?

自分にあった投稿頻度が1番大事ではありますが、それでも投稿頻度の基準があるといいですよね。

実際に数多くのYouTuberさんをプロデュースしてきた中でビジネス系のベストは

週2、3回

がいいと思っています。

実際に動画を投稿している方はわかるかもしれませんが、週2、3回でも結構大変です。

他に仕事をしている方も多いと思いますし、これ以上増やしても動画の質が下がってしまいますね。

ライバルの投稿頻度も参考に

また、ライバルの投稿頻度をチェックするのもとても大切なポイントです。

「週1回でも定期投稿することが大事」という大前提はありますが、やはり投稿頻度もチャンネル登録者数が伸びていく要素にはなります。

そのため、ライバルチャンネルの投稿頻度を参考にするといいでしょう。

ライバルチャンネルが週2回の投稿であれば、あなたは週3回の投稿にする。

その差がチャンネル登録者数の伸びに直結していくんですね。

質と量のバランスが大事ということは大前提ですが、その上で

「ライバルチャンネルより何か強いポイントを作る」

ということが重要になっていきます。

しっかりとライバルリサーチした上で、投稿頻度を決めるのがいいでしょう。

YouTube駆け出しの時は…

YouTubeを始めたばかりの頃に限定して毎日投稿も有効です。

YouTubeのアルゴリズムで重要な指標の中に、「視聴回数」「総再生時間」があり、動画本数が多ければ多いほどその数が増えていきます。


そのため、毎日投稿をしていくことで早く登録者数を増やしていくことが可能になります。

開始前にある程度動画をストックしておき、毎日投稿の負担をなるべく減らしていくといいでしょう。

まとめ

今回は、ビジネス系YouTubeのオススメ投稿頻度についてご紹介しました。

ビジネス系であれば、特に質を保つことが大事です。

そのため、1週間でどの程度YouTubeの作業に充てられるかを考えましょう。

その上でライバルチャンネルの投稿頻度も参考にしながら、あなたの動画の投稿頻度を決めていきましょう。

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる