【初心者必見】ハッシュタグの効果的な付け方を覚えて登録者を増やそう

【初心者必見】ハッシュタグの効果的な付け方を覚えて登録者を増やそう

「YouTubeのハッシュタグってどんな効果があるの?」

「ハッシュタグはどんなキーワードを入れればいいかな…」

「ハッシュタグの設定方法が知りたい…」

YouTubeには、「ハッシュタグ(#)」という機能があります。

Instagramは”ハッシュタグ検索が命”とも言われていますね。

しかし、YouTubeは普通にキーワード検索ができますし、ハッシュタグの立ち位置がイマイチわからないですよね。

そこで今回は、YouTubeの「ハッシュタグ」について効果的な使い方や設定方法をご紹介していきます。

ハッシュタグを駆使することで、YouTubeチャンネルが育っていない初期段階でも再生回数の増加を狙えますよ。

この記事では、ハッシュタグの具体的なキーワード選定方法についてもご紹介しますので、長時間悩むこともなくサクッと設定できてしまいます。

ただし、ハッシュタグを設定する上での注意点もあります。

ハッシュタグを使う注意点を知らないと最悪チャンネルが削除される危険もありますので、是非最後まで読んでみてくださいね。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

そもそも「ハッシュタグ」って何?

ハッシュタグとは、タイトル欄や説明欄に付けられる「#」から始まるもの。

ハッシュタグ自体がハイパーリンクになっています。

TAIGAchannelより引用

視聴者が興味のあるハッシュタグをクリックすることで、同じハッシュタグのついた動画を検索することが可能です。

そしてこのハッシュタグによる検索は、最新の動画を上位表示させる傾向があると言われており、チャンネルがまだ育っていない初期段階でも、検索流入が狙えるんですね。

そのため、あなたの参入しているジャンルで関連性の高いハッシュタグは、漏れずに入れておくといいでしょう。

「タグ」と「ハッシュタグ」の違いは?

YouTubeには、同じような名前の機能に、タグというものがあります。

ハッシュタグ は”視聴者側”にアプローチすルのに対し、タグは”YouTube側”にアプローチするするもので、全く違う機能になります。

この2つの違いについては、以下の記事で詳細に説明していますので、ご参照ください。

関連記事:【初心者の9割が知らない】YouTubeのタグとハッシュタグの違いとは?
関連記事:【もう迷わない】YouTubeタグの効果的な使い方|おすすめのキーワード教えます。

「ハッシュタグ」の効果的な付け方と注意点

ハッシュタグは、視聴者が検索するのに便利な機能ということがわかりました。

ここで留意しておきたいのが、ハッシュタグの役割はそこまで大きくはないということ。

ハッシュタグによる検索自体、そこまで需要が大きくありません。

調べたいことがあれば、まずは検索画面から検索する人が多いでしょう。

あなたが参入しているジャンルのハッシュタグを付けておけば、他の動画のハッシュタグから、ユーザーが辿り着く可能性がある。

あくまでも「ハッシュタグは検索方法の一つ」と捉えておくといいかもしれません。

「ハッシュタグ」の効果的な使い方

ハッシュタグの役割を踏まえた上で、効果的なハッシュタグの付け方には以下の4つのポイントがあります。

  1. 独自のハッシュタグで宣伝する
  2. ライバルチャンネルのタグを利用する
  3. ビッグキーワードを入れる
  4. 具体的なキーワードを入れる

①独自のハッシュタグで宣伝する

1番の有効活用方法として、「独自のハッシュタグで宣伝する」というものがあります。

何か宣伝したいことがある場合、ハッシュタグを設定しておくことで、タイトルの上部にそのハッシュタグが表示されます。

このハッシュタグは、動画を全画面にしない限りは常に目に入る位置にあります。

目に入れば、気になってしまうもの。

僕の場合は、概要欄を見て欲しいので、以下のようにハッシュタグを付けています。

②ライバルチャンネルのタグを利用する

あなたのライバルチャンネルのハッシュタグを使うこともいいでしょう。

同じようなコンテンツであれば、視聴者層も被ります。

その視聴者がハッシュタグ検索すれば、あなたの動画を視聴する可能性も高まります。

ここで注意したいのが、あなたの動画内容とは全く関係のないハッシュタグを付けること。

動画の内容と関係ないハッシュタグを使用すると、ペナルティを受ける可能性があります。

例)#YouTube始め方

③ビッグキーワードを入れる

ビッグキーワードであればあるほど、検索ボリュームが大きくなります。

その分、ハッシュタグでの検索流入も見込めます。

ただし、その分ライバルも増えることは留意しておきましょう。

例)YouTube始め方 → #YouTube

具体的なキーワードを入れる

具体的なキーワードのすればするほど、検索ボリュームは少なくなるものの、ライバルも減ります。

具体的なキーワードも入れて少しでも検索流入を増やしましょう。

例)YouTube始め方 → #顔出しなしYouTube

「ハッシュタグ」を付ける上での注意点

ハッシュタグを付ける上で注意点も押さえておきましょう。

注意点については、すでにYouTube公式がきちんと示しています。

YouTubeヘルプより引用

これらの中で特に注意しておきたいことは3点。

①スペースを入れない

まずは、#の後にスペースを入れてはいけません。

また、2つ目のハッシュタグを上記のように入力するのもNGです。

上記の例の場合、以下のように入力するといいでしょう。

※次のハッシュタグとの間はスペース入れても入れなくてもOKです。

②ハッシュタグは15個まで

YouTubeヘルプより引用

ハッシュタグを15個以上設定すると、全てのハッシュタグが無効化されます。

場合によっては、動画が削除されるなどのペナルティを受ける可能性もあります。

そのため、ハッシュタグは15個までにしましょう。

③動画と関係ないコンテンツは入れない

あなたの投稿した動画を全く関係のないハッシュタグは入れないようにしましょう。

無関係なハッシュタグを入れていた場合、スパムとみなされ、動画が削除されるなどのペナルティを受ける可能性があります。

「ハッシュタグ」の設定方法

では、実際にハッシュタグの設定方法もご紹介します。

新規アップロードの場合

まずは、YouTubeにログインした状態で、右側のカメラマークをクリック→「動画をアップロード」をクリック。

「フィイルを選択」から動画をアップロードしていきます。

動画の詳細の説明欄にハッシュタグを入力します。

ここに入力することで、タイトルの上部にも表示されます。

ハッシュタグを付ける上でのポイント
・タイトル上部に表示されるハッシュタグは3つまで
・タイトル上部で表示される文字数は、PCよりスマホの方が少なく#を含めて24文字
 →ハッシュタグが見切れないように文字数も考える必要あり

このようにきちんと表示されました。

既存の動画に付ける場合

YouTubeStudioの「コンテンツ」→該当の動画にカーソルを合わせ、鉛筆マークをクリック。

「動画の詳細」の「説明」欄にハッシュタグを入力していきます。

全ての動画に同じハッシュタグを付けたい場合…

ハッシュタグの一括更新も可能です。

YouTubeStudioの「コンテンツ」→左上のチェックボックスをクリックし、動画を全て選択→「編集」→「説明」

説明欄のどの位置に入れるかを選択し、ハッシュタグタグを入力。「動画を更新」をクリックします。

まとめ

今回は、YouTubeのハッシュタグの効果的な使い方や設定方法についてご紹介しました。

ハッシュタグは、視聴者の検索機能の一つ。

キーワード検索と比べると、ハッシュタグ検索の需要はそこまで大きいとは言えないのが現状です。

しかし、YouTubeの初期段階であれば、ハッシュタグ検索からの流入など、再生回数が底上げされる可能性があります。

そのため、どんなハッシュタグにすればいいのかな…と長時間悩んだりせず、サクッと対応していくのがいいでしょう。

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる