プロフィール

スポンサーリンク
You Tubeマーケッター・オサム

1987年11月24年生まれ。北陸育ち。

好きなもの:サウナ、You Tubeをダラダラ視ること、チーズナン
嫌いなもの:組織で働いて余計なことに頭を使うこと、レバー

初めまして、You Tubeのマーケティングを発信しているオサムと申します。

僕は「ひとりのWEB起業でしたたかに生きること」をテーマに、PC1台で自由に働きたい人のお手伝いをしています。

– 主なお仕事 –

個人起業家を育てる
コミュニティの運営

雇われない働き方・起業を志したい人向けに、ビジネスのコミュニティを運営しています。

ちいさなコミュニティですが、独立翌年に年収2,000万円プレーヤーなど輩出しているような場所です。

You Tubeマーケティングの
コンサルティング

You Tubeをビジネスの集客に活用したい人向けにコンサルティングを個別に実施しています。

1年で毎月500万円以上の収入を生み出すYou Tuberの方をプロデュース経験もあります。

モテる男性を育てる
オンラインサロン運営

友人と共同で運営しているモテる男性を育てる月額制オンラインサロンには200名以上の方がご参加いただいております。

男性にとって女性の悩み、お金の悩みは深いもので、仲間を集め、育てる場所を作っています。

優秀なスタッフさんに恵まれて、お仕事を共同でやっていますが、僕は従業員を雇っていません。

渋谷のちいさなオフィスでMacBook1台、ソロプレイで年商5,000万円を割らずに仕事をしております。

最近では、1人で起業する道を選んだ人から相談を受けることも多く…

「ひとりで起業すると、時間がないことはネックなんです…」
「フリーランスは組織から逃れても、仕事の山からは逃れられない…」
「全部、自分でやってしまうから仕事の山から抜け出せない…」

たしかに、組織で働けるだけの器用さがあれば僕らはこんな道は選んでいません。

ぼっちで気ままに仕事ができれば楽なんですが、リソースは少ないのが弱点。

稼げば稼ぐほど忙しくなるのは仕方ないことだと言われています。

過去の僕も独立して2年間くらいは大きな売上を手に入れたとしても、好きなマンガを読む余裕すらない毎日、自由なふりして本当は誰よりも忙しい日々に疲弊をしていた気がします。

「今は仕事が楽しいけど、この生活がずっと続くのか…?」

会社員の友人からは「自由でいいよな」と言われる度に、「自由って何だろう…?」という疑問を聞き返したくなっていました。

個人で起業をするような不器用な人は、人にも任せられず、稼いでも忙しい毎日が待っている。

悲しい宿命を過去の僕も感じていました。

しかし、

僕はたくさんの失敗から「ひとり起業の正しい歩み方」を見つけ、今では自動化された収入を作り、本当の意味で豊かな起業スタイルを実現できたと感じています。

本当に「ひとりで起業する=忙しい」、「お金をたくさん稼ぐ=忙しい」は成り立つのでしょうか?

起業するなら忙しさは我慢するべきと、自分の本当の気持ちに蓋をしていないでしょうか?

僕の仕事は個人で起業をされている方に、この悩みを解決することです。

毎日仕事を頑張っている起業家、フリーランスの方に「新しいひとり起業のライフスタイル」を提供したいと思っています。

  • 1人起業で年間5,000万円の世界を見てみたい
  • お金が増えて、時間も増える働き方をしてみたい
  • 毎日を遊び心を持って、過ごす気持ちを忘れたくない
  • もう集客に疲弊をしたくない

そんな風に思っているのであれば、僕の自己紹介を読んでくれると嬉しいです。

「ひとり起業」は最高の生き方だと思う。

僕はもともとは北陸のインフラ会社で働くサラリーマンでした。

「良い大学を出て、良い会社に入社すれば安泰」という今やバラバラになった価値観のもとで生まれ、組織の中で4年間働くという選択を取りました。

しかし、僕は会社・組織で働くことが全く向いていなかったのです。

自分がやりたいと思った仕事を提案をしても…

「いや、それ上手くいくか分かんないじゃん」
「あんまり余計なことをしなくていいんだぞ。みんなに迷惑かかる。」

という理由で、毎日成長もできないルーティンを過ごし。

10人以上のチームで仕事をするメンバーに選ばれたのですが…

メンバーさん「いや、その仕事ウチでやるの?」
僕「あれ、打ち合わせで決めましたよね?」
メンバーさん「ってか、これやる意味ある?忙しいんだよね。」

(だったら、打ち合わせの時に言ってくれぇぇぇ…)

たらい回しにされて、20代の貴重な時間を無駄なサービス残業に使い倒しました。

こんなのは序の口ばかりですが、
僕は組織で働くという選択を諦めていました。

かと言って、
独立をするにしても人を雇うのは・・・面倒です。笑

僕の知り合いには従業員100名をかかえる社長さんもいますが、
「いつ社員が問題を起こすか気になって眠れない…」
「せっかく育てた人間に、裏切られた…」
などなど、人を扱うって超ハードルが高いと思います。。

だからこそ、

1人で起業しちゃうのが最高に気楽な選択だと思うんですね。

僕は意識が高いわけでもないから「社長という肩書きがほしい」、「人の扱い方が上手くなりたい」、「従業員に働かせて」みたいなことはどうでも良いです。

周りにを気を使わずに、自宅をワークスペースにしながら、iQOS吸いながら仕事できれば最高だと思っています。

誰かのせいで余計な時間を取られることも嫌だし。

自分のせいで誰かに迷惑をかけるのも嫌です。(組織で働くと、自分のミスがドミノ倒しのように影響を与えることがありますよね…)

自分一人で完結して、自分ひとりの責任で生きていくことが1番楽な生き方なんじゃないかなと。

だからこそ、1人で起業をするって選択が人生を豊かにできる選択だと思っています。

1人の時間を大切にしたいし、1人でNetflixをボーッと見ていたいし、面倒な人間関係から解放されて仕事をしたい。

世の中ではこれを”ぼっちが好き”って言うんでしょうか。笑

ひとり起業の唯一の弱点は、リソースの少なさ。

しかし、ひとりで起業をするのも楽なことばかりではないです。

1人で身軽にできる分、
すべての業務を自分でこなす必要があります

僕も独立初期の頃はめっちゃくちゃ忙しくて…

  • ひたすらブログを更新しまくる
  • Twitterのフォロー、フォロー返し、返信
  • メルマガを週1回の頻度で書く
  • さらにコンサルティングの対応をする
  • 効果があるのか微妙な広告費で身を削られる日々
  • 確定申告などの雑務…etc

売上としては年間3,000万円くらいはあったのですが、全く自分の時間がない毎日を過ごしていました。

腰を据えて海外旅行に行くこともできず、新しい収入源・挑戦をする時間もなく、リソースのなさに疲弊しきっていました。

(せっかく自由を求めて起業をしたのに…)
(これじゃ、何のために起業したのか分からないぞ…)

と言っても、仕事を放り出すわけにもいかずガムシャラに働きました。

1人で起業をするとどこかで限界がきます。

しかし、外注ができるほど器用なタイプではないので、もうお手上げ状態に。苦笑

そんな時に僕を救ってくれたメディアがありました。

僕らはストック型のメディアを持つべきだ

毎日集客、毎日コンサル、毎日営業…!

ブログ、You Tube、Twitter、インスタ、note、マストドン(懐かしい…)など、やれることは全部やってきました。

しかし、ある日転機が訪れます。

起業をしてから2年ほど経ち、全く集客に困らない瞬間が訪れたのです。

特に自分がPCで作業をしなくても売上がポンポンと上がるようになり、月の売上が200万円を超えてしまったのです。

(ん、、なんでだ…?)
(嬉しいけど、なんか気持ち悪くない…?)

と疑問に思って、今まで面倒くさくて放置していたYou Tubeやブログのアクセス解析をしてみました。

12,414

この数字を見て、驚きました。

これは僕のYou Tubeチャンネルの1年間の総再生時間で、12,414時間という意味。

2020年のYou Tubeアナリティクス

つまり、僕が今まで投稿してきた動画が約500日分も再生がされて、僕の見込み客を自動的に集客・教育をしてくれたのです。

しかも、動画をアップしてから半年くらい放置されていたYou Tubeチャンネルです。

※当時はYou Tubeをやる気力がなかったので、完全放置をしていました…苦笑

そして、You Tubeを見てくれた人が「おさむさんに興味を持ったので商品を買わせてほしい」、「コンサルをお願いしたいです」と勝手に集まってきてくれたんですね。

僕が投稿してきた動画たちが僕の分身となって、働きまくってくれたのです。

You Tubeはネット上に自分の分身をストックして、勝手に働いてくれるストック型メディアだったのです。

この瞬間から、
僕はストック型メディアの魅力に取り憑かれてしまいました

SNSは毎日投稿をしないと自分の存在が忘れさられてしまいます。

どんなにフォロワー数が多くても「いいね」だけをされて売れなかったり、自分よりも実績が大きな人が出てきたらすぐにフォロワーは目移りをしてしまう。

それに比べてYou Tubeは、

  • 自分の声を聞いてくれて
  • 自分の顔を見てくれて
  • 自分の人柄を感じてくれて

たくさんの濃い情報を見込み客に伝えていけるのです。

そのせいかYou Tubeから来てくれた人は成約率も高く、広告で集めた見込み客の4倍以上の成約率になっています。

動画をストックすればするほど、自動で集客をする仕組みができて、勝手に売上がUPしてくれる。

ひとりの起業で豊かにビジネスをするためには、ストック型メディアが絶対に必要だと気づいたのです。

You Tubeとの出会いが人生を変える

それから僕はYou Tubeにエネルギーを注ぎました。

ビジネスの集客にYou Tubeが有効であることを3年間ほど試していき、ついに独自のノウハウを構築をしていったのです。

僕がプロデュースをしているYou Tuber(恋愛系)では毎月500万円の売上を割ることはなく、最高月収900万円を超えることもありました。

1年間プロデュースしたチャンネル

今では、月2、3本の動画投稿だけでも安定感ある売上が上がっており

「集客の悩みもなくなったし、単価も2倍くらいに上げたのでYou Tubeさまさまです…!」

という声もいただいています。

また、You Tube登録者数が100人ていどの小さなチャンネルで高額のコンサルが売れていき、You Tubeから来た見込み客の濃さがビジネスにいかに有効かが分かります。

You Tubeをビジネスの集客に活用をすることで、

  • 分身に集客をしてもらえるので時間が増える
  • 濃いファンができるので単価を上げられる
  • 成約率が上がるので、売上がUPする

という正のスパイラルに入っていきました。

しかも、これが面白いのが…

You Tubeは集客をしながらお金が稼げる

のです。

僕がプロデュースしてるチャンネルの収益(ホントは公開したらダメだけど…)

僕のプロデュースしてるチャンネルは年間33万円を稼ぎながら、見込み客を集客できています。

また僕がやってる小規模You Tubeチャンネルでも動画が再生されることで広告収益を得ることができているのです。

金額にしたら毎月10,000円ほどですが、
普通に考えてあり得ないことですよね?

ビジネスでは集客をするために広告を売上の10%ほどかけたりするものですが、僕らの場合はお金を稼ぎながら集客をしているのです。

今までのビジネスの常識をひっくり返すような出来事が、You Tubeをやっていれば起こります。

ひとりの起業を志していく人にとって、You Tubeは協力な味方になってくれることは間違いないです。

ひとりの起業でしたたかに生きてみませんか?

ここまで僕の話を読んでくれてありがとうございます。

僕らのような必要以上に多くの人と関わりたくない不器用な人にとって、1人で起業をしていくことは最高の働き方だと思います。

今までは1人でフリーランス、起業するのは激務の象徴だったかもしれませんが、今ではストック型のメディアでもあるYou Tubeもあるし、販売を自動化させていくツールだってあります。

僕はオンラインビジネスを上手く組み合わせていき、ひとりの起業でしたたかに生きるお手伝いをしたいと思っています。

誰よりも賢く、
誰よりも幸せな。

そんな起業ライフを送っていくためには知恵が必要です。

僕の無料のメールマガジン読者さん限定で「You Tubeから自動的に売上を上げていく秘訣を語る4本のセミナー」を無料プレゼントとして準備しました。

  • ステップメールなしで毎月200万円の売上を上げる秘訣
  • 1日でメルマガ読者を200人増やした時にやったこと
  • 「チャンネル登録お願いします」を言わなくてもいい理由
  • 海外の最先端マーケティングとYou Tubeをミックスさせた方法
  • 知らないと損する!You Tubeはこれから◯◯になっていく事実

などなど、勉強になる内容が盛りだくさんになっています!

ぜひ、あなたの起業ライフをしたたかにしてくための秘訣を受け取ってくださいね。