YouTube平日のオススメ投稿時間はいつ?各ジャンルのベストタイミングを教えます。

YouTube平日のオススメ投稿時間はいつ?各ジャンルのベストタイミングを教えます。

「YouTubeで動画が1番視聴される時間はいつ?」

「平日でオススメの投稿時間が知りたい!」

「自分のジャンルのベストな投稿時間が知りたい!」

YouTubeチャンネルを運営していると、迷いがちなのが動画の投稿時間。

ユーザーに1番視聴される時間帯に投稿できるとベストですよね。

僕自身、YouTube5年を超え、登録者3万人を超えるチャンネルを運営していますが、最初の頃は投稿時間を意識できていませんでした。

しかし、投稿時間によっては明らかに動画の伸び率が違います。

みんなが寝ているような時間ではなく、みんなが活動している時間に投稿するだけで、動画の伸びるスピードは2倍になることもあります。

この再生回数の伸び率、実はYouTubeが動画を評価する重要なポイントでもあるんです。

そのため、ユーザーにとってベストなタイミングで投稿ができれば、あなたのYouTubeチャンネルを効率的に伸ばすことも可能になっていきます。

そこで今回は、YouTubeの平日のオススメ投稿時間について説明していきたいと思います。

また、ジャンルによってターゲット層も違いますので、各ジャンルごとのオススメの時間帯もご紹介していきますよ!

この記事を読めば、あなたのYouTubeチャンネルのベストな投稿時間が分かり、効率的にチャンネルを伸ばしていくことも可能です。

是非、最後まで読んでみてくださいね。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

YouTubeの投稿時間を気にした方がいい理由

YouTubeの投稿時間を気にした方がいい最大の理由。

それは、

オススメや急上昇ランキングに載ることができるから。

Youtubeでは、動画を投稿した後の初動がとても重要です。

こちらは、急上昇ランキングのページ。

ランキングは、一見有名YouTuberばかりがズラリと並んでいるようにも見えますが、一概にそうでもありません。

基準は、再生回数が一定期間に急激に伸び、かつ魅力的な動画かどうか?というところがポイントになっていきます。

YouTubeの公式でも、急上昇ランキングに載る指標が明示されています。

YouTubeヘルプより引用

Youtubeは完全に急上昇ランキングに載るアルゴリズムを公開しているわけではありません。
視聴回数以外にも、コメントや評価も評価対象になっていると言われています。

投稿時間に関係してくるものとして、「動画の視聴回数の伸びの速さ」という指標があります。

動画を投稿すれば、チャンネル登録者には通知やオススメに表示されますが、視聴できない時間に表示されても動画は伸びないですよね。

ユーザーが視聴しやすい時間を狙って投稿することで、視聴回数を早く伸ばすことができ、結果として、急上昇ランキングに載る可能性が上がっていきます。

また、「同じチャンネルから最近アップロードされた他の動画と比べたパフォーマンス」というのも重要なポイント。

先ほど”有名YouTuberだけが急上昇ランキングに載るわけではない”とお伝えしましたが、この指標が関係しています。

Aチャンネルの方が急上昇ランキングに載る可能性が高い

仮に、過去の動画の再生回数が10回で、最新の動画がいきなり1万回再生されたAチャンネルがあったとします。

Aチャンネルの再生回数の伸び率は1,000倍。

一方、過去1万回再生の動画と、最新動画10万回再生のBチャンネルの伸び率は10倍。

再生回数はBチャンネルの方が圧倒的に多いですが、伸び率であれば前者が圧勝ですね。

そうなった場合、Aチャンネルの方が急上昇ランキングに載る可能性が高いのです。

魅力的な動画であることも重要なポイント

YouTube公式には、先ほどの指標に合わせて、どういう動画が急上昇ランキングに載るのかが掲載されています。

YouTubeヘルプより引用

ユーザーにとって価値のあるもの、魅力的な動画であるということが大前提になってきます。

投稿時間を狙って再生回数を稼ごうと思っても、すぐに離脱されてしまっては意味がありません。

まずは、魅力的な動画を制作していくことを念頭に置いておきましょう。

YouTubeが1番視聴される時間帯は?

投稿時間の重要性がわかったところで、一体何時に投稿すればいいのでしょうか?

まずはYouTubeが1番視聴される時間帯を確認してみましょう。

下図は、インターネット利用者の時間帯別をグラフ化したもの。(2019年時点)

http://www.garbagenews.net/archives/2262863.html

年齢別に多少変動はありますが、大きい山が3つほどあります。

  • 朝:7時〜9時
  • 昼:12時〜13時
  • 夜:20時〜23時

この時間帯にインターネット利用者が一気に増加し、YouTubeの視聴も増えるわけです。

朝は、通勤・通学時間帯、お昼は休憩時間、夜は食事後など、なんとなく想像できますね。

これらの時間帯を狙って動画の投稿すれば、再生回数が伸びていきやすいです。

しかし、これには注意点もあります。

それは、年齢や性別、職種によっても視聴されやすい時間帯が変わってくること。

上記のグラフを見ただけでも、10代の動きと20代の動きが若干違いますよね。

また、20代でも学生と社会人では、行動パターンがかなり変化します。

まずは、あなたの参入ジャンルがどんな層をターゲットにしているのか?をよく考えること。

ここが決まれば、自ずと投稿時間も決定していきます。

時間帯と同レベルで曜日も重要

今までは時間帯について見てきましたが、投稿する曜日も重要です。

平日でベストな曜日は、ずばり「金曜日」です。

これは想像できるかもしれませんが…、”華金”と呼ばれる通り、社会人にとっても学生にとっても、金曜日はとても価値がありますよね。

次の日に、仕事のことや学校のことを気にせずに過ごせる金曜日の夜。

YouTube投稿日時のベストタイミングでもあります。

下記のグラフは、曜日別の利用者ですが、平日を比べると金曜日だけクッと上がっています。

引用元:Nielsen Smartphone Analytics 2014年2月

実際のデータからみても、金曜日に投稿することは有効であることがわかりますね。

実際の投稿時間は競合する少し前に

投稿時間を意識しているYouTuberもかなり多いため、人気の時間帯にはやはり競合も多いもの。

埋もれてしまわないように、YouTubeが1番視聴される時間帯の少し前に投稿しておくのがいいでしょう。

夜の時間帯であれば、20時ではなく19時に投稿するなど、人気の時間帯の1時間前にアップしておくといいでしょう。

各ジャンルごとのオススメ投稿時間はいつ?

ジャンルごとにオススメの投稿時間帯も紹介していきたいと思いますが、それよりも大事なのはペルソナ設定です。

ペルソナとは、あなたのチャンネルのターゲット層のこと。

例えば同じ筋トレジャンルであっても、若い男子に向けたマッスルボディにするための動画と、4・50代向けの筋トレでダイエットする動画では全くターゲットが違いますよね。

まずは、あなたのチャンネルのペルソナを設定すること。

そうすれば、ターゲットにする人たちの生活スタイルを予測することができ、投稿時間も決定することが可能です。

ペルソナ設定には、特に以下の3つの点をよく考えるといいでしょう。

【押さえておくべきポイント】
・年齢
・職業
・性別

これらを踏まえた上で、オススメの投稿時間をご紹介したいと思います。

ペルソナ:20〜50代男性社会人(例:ビジネス系)

ビジネス系の発信であれば、ターゲット層は社会人が多いでしょう。

昼は、お昼休憩で見られる時間ではありますが、職場の人と昼食を取ることもありますし、動画を見るような時間はなかったりします。

そのため、朝か夜がいいと思います。

【ベストな時間帯】
・朝:6時(通勤時間帯の前)
・夜:7時〜22時(仕事が終わった後)
・金曜日の夜

また、ビジネス系のチャンネルを視聴される方は、意識が高い方も多く、夜中まで視聴していたりします。

そのため、23時以降の投稿もアリかと思います。

ペルソナ:20〜40代専業主婦(例:子育て系)

主婦であれば、朝は家事をして午後に一息という生活スタイルの方が多いと思います。

逆に夕方以降は忙しく、ゆっくりする時間があまり取れないと思いますので、午前中に投稿するのがベストでしょう。

【ベストな時間帯】
午前中の8〜12時

ペルソナ:10〜20代学生(例:エンタメ系)

学生であれば、学校が終わった後の夕方から夜にかけて、視聴者がどんどん増えていきます。

【ベストな時間帯】
・夜:17〜22時
・土日や長期の休み

また、学生は時間帯というよりも、夏休みなどの長期のお休みや土日の投稿も有効でしょう。

ペルソナ:〜5歳未就学児(例:キッズ系)

未就学児は、幼稚園や保育園に行っているか、自宅にずっといるかによっても違いますが、ずっと自宅にいるような場合であれば、昼間がいいでしょう。

また幼稚園であれば、お昼過ぎに帰宅するので、昼間に投稿しておけば、夕方に視聴されるかと思います。

【ベストな時間帯】
昼間

まずは自分のジャンルのペルソナを設定しよう

今回は、Youtubeのオススメの投稿日時をご紹介しました。

どんなジャンルでも、まずはあなた自身のチャンネルのペルソナ設定を行うこと。

ターゲットにする年齢・職業・性別がすれば、その人たちの行動パターンが見えてきます。

行動パターンに沿うように投稿日時を決めることで、効率的に再生回数を増やすことができます。

いまいち再生回数が伸びないと悩んでいる方は、是非、ベストな投稿日時を見つけていきましょう。

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる