YouTubeで使える著作権フリーのBGMサイト5選|無料でもおしゃれになります!

YouTubeで使える著作権フリーのBGMサイト5選|無料でもおしゃれになります!

自分の動画に挿入する無料のBGMを探してみても

「おしゃれなものが見つからない」

「しょぼくてチープ」

と、動画のイメージに合わなくて困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、無料でおしゃれ、そして著作権フリーOKなサイト5選を紹介していきたいと思います。

現在は、無料でも品質のいいBGMがたくさんあります。

ただ、1点注意していただきたいのが

「無料には無料の理由がある」

ということ。

BGMの取り扱い方法を間違えてしまうと、

  • YouTubeの広告収入が受け取れなくなる
  • 著作権違反によりYouTubeチャンネルに傷がつく

という可能性が十分に考えられます。

そのため、BGMのルールを含め、

・BGMを無料でダウンロードできるサイト5選
・自分のイメージに合うBGMの探し方
・BGMの取り扱いで注意すべきポイント

について、数多くのYouTubeチャンネル運営に携わってきた僕からお伝えしたいと思います。

この記事を読めば、無料で使えるBGMのルールが分かり、安全にYouTubeチャンネルを運営していくことが可能ですので、最後まで読んでみてください。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

BGMを最大限に活用するために知っておきたい3つのこと

BGMを最大限に活用するために、以下の3つのことを知っていただく必要があります。

・著作権フリーのBGMを使う
・利用規約を読む
・テイストに合ったBGMを選ぶ

著作権フリーのBGMを使う

全ての音楽には、作った人がいて、その作った人が著作権を持っています。

YouTubeは、その著作者を守ろうとします。

仮に著作権のある音楽を使った場合、YouTube側がその音楽を自動で検知していきます。

そして、YouTube側から製作者に報告が入り、トラブルへと繋がる可能性があるんですね。

YouTubeのシステムはとても優秀なため、バレないと思っても、

必ずバレます。

そのため、著作権のある音楽は使わないことが大原則です。

著作権のあるBGMを使ったことによって、

  • YouTubeの広告収入が受け取れなくなる
  • 著作権違反によりYouTubeチャンネルに傷がつく

最悪アカウント停止などのペナルティも考えられますので、著作権が放棄されているBGMを使っていきましょう。

利用規約を読む

著作権フリーでも、利用規約を読みましょう。

著作権フリーのBGMを提供しているサイトであっても、それぞれのルールあります。

サイトのTOPに「商用利用可能」とあっても、まずはきちんと利用規約を読んでいき、自分の動画に使用できるかをチェックしてください。

今回紹介する5つのサイトについては、この部分も紹介していきますので安心してください。

テイストに合ったBGMを選ぶ

自分の動画のテイストに合ったBGMを使っていきましょう。

おしゃれなBGMも大事ですが、何でもおしゃれにすればいいというわけではありません。

例えば、猫の動画であれば、おしゃれなものよりも癒されるほのぼのとしたBGMが合っています。

また、ビシネス系の発信の場合、アップビートなBGMにするとプレゼン上手に見えます。

つまり、一番大事なのは、”動画で視聴者に伝えたいイメージが伝わるようなBGMをチョイスする”ことです。

おしゃれなBGMを探すのではなく、視聴者にどんなイメージを持ってもらいたいかという視点で、BGMを調整していきましょう。

著作権フリーで無料のBGMをダウンロードできるサイト5選

では、早速著作権フリーで無料のBGMダウンロードサイト5つを紹介していきたいと思います。

①オーディオライブラリ
②Vlog No Copyright Music
③Bensound
④魔王魂
⑤甘茶の音楽工房

オーディオライブラリ

  • 商用利用   :OK
  • 編集     :NG
  • クレジット表記:場合によって必要
  • 制約      :YouTube上で違法なコンテンツはNG

「オーディオライブラリ」は、You Tubeが公式が出しているもので、最も安全なBGMです。

安全にBGMを使いたいのであれば、間違いないでしょう。

なぜかというと、YouTube側が

・自由に使っていい
・広告収入にも使っていい
・トラブルは全くない

という、保証付きの公式に出しているサービスです。

ダウンロード方法

YouTubeスタジオ内の「オーディオライブラリ」をクリックします。

以下の通り、自分のイメージに合うジャンルやムードを選択していき、BGMを探します。

一番左側のアイコンをクリックすると視聴可能です。

使用したいBGMは一番右側の「ダウンロード」をクリックしてください。

クレジット表記が必要な場合について

一部のBGMでクレジット表記が必要な場合があります。

※クレジット表記とは、各コンテンツの著作者、提供者を示すもの

以下の通り、ライセンスのカテゴリを”帰属表示の有無”で絞ることができますので、クレジット表記不要のものがいい場合は、「帰属表示が不要」と絞った上でBGMを探すといいでしょう。

Vlog No Copyright Music

続いて、YouTube内にある、”No Copyright Music系”のもの。

以下のように、YouTube内で「no copyright sounds」と検索すると出てきます。

これらのBGMは、非常におしゃれで使いやすいものが多いです。

その中でも特に僕がお勧めするものが、「Vlog No Copyright Music」です。

  • 商用利用   :OK
  • 編集     :NG
  • クレジット表記:必要

EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)を使っかっこいい音楽をダウンロードできます。

ダウンロード方法

ダウンロードしたいBGMの概要欄を開くと、「Free Download」とあるので、このURLをクリックします。

ダウンロードページに遷移するので、「DOWNLOAD」をクリック。

チャンネル登録を促されるので、チャンネル登録をすると、ダウンロードが可能になります。

また、クレジットを入れる必要があります。

概要欄の「 Licence」内にある文章をコピーし、自身の動画の概要欄に記載してくだい。

Bensound

引用元:Bensound
  • 商用利用   :OK
  • 編集     :NG
  • クレジット表記:無料ライセンスであれば必要

Bensoundは、アコースティック、シネマティックなど色々な雰囲気で選べますし、クオリティも高いです。

ライセンスがいくつかありますが、無料ライセンスで問題ありません。

無料ライセンスの場合、クレジット表記が必要です。

ダウンロード方法

ダウンロードしたいBGMの「DOWNLOAD」をクリックすると、画像右のようなポップアップ画面が出ます。

左側の無料ライセンスの「DOWNLOAD」をクリックしダウンロードします。

引用元:Bensound

魔王魂

引用元:魔王魂
  • 商用利用   :OK
  • 編集     :OK
  • クレジット表記:必要(簡単に)

魔王魂は、おしゃれさというより、使いやすさという部分で紹介します。

曲を編集することがNGなサイトが多い中、アレンジ自由で報告も不要です。

また、クレジット表記も一言で「音楽:魔王魂」と入れればいいだけなので、とても手軽に利用できます。

クオリティも中くらいでいいですし、著作権の絡みで疲弊したくない、という場合は魔王魂を利用するのもお勧めです。

ダウンロード方法

ダウンロードしたいBGMの「ダウンロード」→右側「無料ダウンロード」をクリック。

引用元:魔王魂

甘茶の音楽工房

引用元:甘茶の音楽工房
  • 商用利用   :OK
  • 編集     :OK
  • クレジット表記:必須ではない

甘茶の音楽工房は、コミカルな感じで簡単なBGMを使いたい場合はお勧めです。

YouTubeではよく使われているので、被りやすい可能性はありますね。

クレジット表記に関しては、以下の通り必須ではありませんが、サイト名、作曲者名、URLのいずれかを表記してあげるといいかもしれません。

ダウンロード方法

ダウンロードしたいBGMの右下「ダウンロード」をクリック。

使用しているPCによって以下の通り保存してください。

引用元:甘茶の音楽工房

まとめ

今回は、YouTubeで無料で使える著作権フリーなBGMについてご紹介しました。

最後にお伝えしたいこととして、僕が一番使っているのは

YouTubeのオーディオライブラリ

ということです。

正直なところ、オーディオライブラリは、あまり使いやすくないですし、バリエーションも豊富ではありません。

ですが、本当にリスクを減らしていきたいのであれば、オーディオライブラリから取ってくるのが安全です。

無料でダウンロードできるサイトも、実は構造が面倒なこともあり、
サイト運営者と音楽製作者がバラバラで、後から著作権について問題になる可能性も十分あります。

そのため、一番安全なのは

  • YouTubeのオーディオライブラリ
  • 有料のサービス

のいずれかを選択していけばいいでしょう。

無料には無料の理由があります。

無料のものを使用していく、と決めているのであれば、クレジット表記などルールに基づいた使い方をしていきましょう。

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる