YouTube収益化申請に落ちた人の4つ共通点!原因の動画削除ですぐに受かります。

YouTube収益化申請に落ちた人の5つ共通点!原因の動画削除ですぐに受かります。

「YouTube収益化の条件は満たしていると思うけど申請に落ちた…」

「審査に出そうかと思うけど落ちないか心配…」

YouTubeチャンネルを始めた方にとって、最初の目標は収益化ですよね。

収益化の条件を満たし、これからたくさん稼ぐぞ!と意気込んだにも関わらず、「審査に落ちてしまった…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

収益化の条件はYouTube公式でも公表されており、その条件に合うようにチャンネル運営をしていれば、基本的に落ちることはありません。

しかし、審査で落ちる人の動画には”ある共通点”があるんです。

そこで今回は、

  • YouTube収益化の条件
  • 審査に落ちる人の共通点

2021年最新の情報で、現役でYou Tubeマーケティングを研究している僕からお伝えします。

現在、僕は多くのYouTuberさんをプロデュースしていますが、一人もYouTubeの収益化の申請に落ちたという人はいません。

この記事を読めば、収益化の条件と審査に受かる方法がわかり、YouTubeで収入を得ることも可能になっていきます。

是非最後まで読んでみてくださいね。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

YouTube収益化の条件をおさらい!

まずは、YouTube収益化の条件を見ていきましょう。

YouTube収益化の第一条件は、

YouTube パートナー プログラム(YPP)に申し込み、参加を認められること

YouTubeパートナープログラム(以降YPPと略)とは、クリエイターがYouTubeに投稿した動画を収益化することができるプログラムのこと

YouTubeのクリエイター サポートチームに直接問い合わせすることも可能になり、多くの YouTube 機能にアクセスできるようになります。

収益化する上でYPPへの申込は必須なのですが、申し込みをする上で以下の条件を満たしている必要があります。

  1. すべての YouTube の収益化ポリシーを遵守している。
  2. YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。
  3. 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
  4. チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
  5. リンクされている AdSense アカウントを持っている。
  6. 18 歳以上である、または AdSense 経由での支払いに対応可能な 18 歳以上の法的保護者がいる。

この条件のうち、2〜6についてはすぐに確認する事が可能です。

条件を満たしているはずなのに落ちた!という方の多くは、1番目の「すべての YouTube の収益化ポリシーを遵守している。」という条件に合致していないと判断されているため。

どういう条件なのかをきちんと理解して、あなたの動画が収益化のポリシーに違反していないかを確認するのが大事になっていきます。

YouTube収益化の詳しい条件については、以下の記事に詳しく書いていますので、こちらもご覧ください。

関連記事:【2021最新】YouTube収益化の条件|仕組みを理解して最短で収入を得よう!

YouTube収益化申請に落ちた人の5つ共通点

YouTubeの収益化の条件のうち、「すべての YouTube の収益化ポリシーを遵守している。」について、あなた自身の動画について確認していきましょう。

収益化の条件の対象となる動画について

全体公開だけではなく、非公開や限定公開の動画についても同じ基準が適用されます。
公にしていないからポリシー違反していても大丈夫、と考えるのは禁物。
「自分のチャンネルは問題ないはずなのに落ちた」という場合は、非公開や限定公開の動画の内容も問題ないか見てみましょう。

①同じような内容の動画ばかりではないか

あなたの投稿している動画が同じような内容ばかりで、他の動画との違いがわからないような場合は、収益化することができません。

なぜなら、審査に落ちる原因で「繰り返しの多いコンテンツ」という項目があるからです。

YouTubeヘルプより引用

例えば、タイピングが上達する様子を手元のみ写して日々投稿していた方は、この「繰り返しの多いコンテンツ」という項目で落ちています。

そのため、自身の投稿した動画で、同じような内容の動画がないか確認していきましょう。

これは、動画だけではなく、サムネイルやタイトルなどが一緒の場合も繰り返しの多いコンテンツと判断されることが多いです。

動画一つひとつ、オリジナルのサムネイルやタイトルに修正しましょう。

同じような内容の動画になっていないか確認しましょう。
・動画内容
・タイトル
・サムネイル
・概要欄

概要欄にも注意
概要欄も、他の動画と同じような内容だと「繰り返しの多いコンテンツ」と判断される可能性があります。
そのため、動画ごとにあった内容を概要欄に書いていくといいでしょう。

②再利用された動画ではないか

これが最も可能性が高いかもしれません。

他人のコンテンツに独自の解説などを十分に入れずに投稿している動画は、「再利用されたコンテンツ」と見做される可能性があります。

YouTubeヘルプより引用

最近流行りの人気ユーチューバーなどの切り抜き動画も、ただ切り抜いただけでは「再利用されたコンテンツ」として扱われ、収益化は難しいです。

他人のコンテンツを再利用した動画がないか確認しましょう。

③著作権違反していないか

著作権違反はしていないと思っても、意外と使ってしまっている場合もあるかもしれません。

例えば、ゲーム実況でゲームの本編はアップしてOKでも、OPは著作権に抵触するなんて場合もあります。

今一度、あなたの投稿した動画で著作権違反となる動画をアップしていないか確認しましょう。

テレビ番組の転載や、他人の動画やSNSの転載もNGです。

※審査通過して収益化できている人もいますが、基本的にはNGです。
そのうち収益化できなくなるor垢バンのリスクを背負うことになるのでおすすめはしません。

著作権を改めて確認しましょう。
・使用しているBGM
・ゲーム画面やテレビ番組
・他人の動画やSNS

音声だけの動画・映像だけの動画ではないか

音声だけの動画や映像だけの動画の場合も価値が低いと判断されます。

説明や解説がないスライドショーやスクロールテキストなどの動画も同じですね。

音声だけの動画、映像だけの動画がないか確認しましょう。

④違反となるテーマを扱っていないか

扱っているテーマによっては、そもそも収益化することができません。

違反となる主なテーマはこちら。

  • スパム、欺瞞行為、詐欺
  • ヌードや性的なコンテンツ
  • 子どもの安全
  • 有害または危険なコンテンツ
  • ヘイトスピーチ
  • ハラスメント(嫌がらせ)やネットいじめ

特に変更を加えなくても合格するケースもある?

あなたの動画が上記①〜④に全く当てはまらない場合、YouTube側のAIのミスという可能性もあります。

元々は、転載動画やテキストスクロール、スパム動画をと区別するためのAIシステムではありますが、そのシステムも100%完璧というわけではありません。

問題ない動画でも、「再利用されたコンテンツ」を見做される場合もあります。

この場合は、特に何もせず、再度申請しても問題ありません。

視聴者のタメになる動画を作ること

YouTube公式が一貫して伝えているのは、視聴者にとってタメになるような動画を投稿するということ。

また、他の人と重複するような内容の動画があったとしても、独自の視点で語ること。

著作権の侵害も絶対に駄目です。

これらを意識すれば、YouTubeで収益化できないことはないでしょう。

「審査に落ちた理由がわからない…」という方は、今一度自身のチャンネルを見直してみましょう!

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる