【2021最新】YouTube収益化の条件|仕組みを理解して最短で収入を得よう!

【2021最新】YouTube収益化の条件|仕組みを理解して最短で収入を得よう!

「YouTubeの収益化の条件って何?どうやったら達成するの?」

「最短で収入を得るにはどうすればいい?」

「収益化したら一体いくらもらえるの?」

YouTubeチャンネルを始めた方にとって、最初の目標は収益化ですよね。

”1,000人の壁”とも呼ばれている通り、「登録者数1,000人を超えると広告収入を得ることができる」と理解している人も多いと思います。

しかし、YouTubeの収益化の条件は複数ありますし、収入を得る方法も複数あるんです。

このことはYouTube公式にもきちんと記載されていますが、「イメージできない…」という声もあると思いますので、

  • YouTube収益化の条件
  • YouTubeで収入を得る方法3種類
  • なぜ収益が発生するのか

2021年最新の情報で、現役でYou Tubeマーケティングを研究している僕からお伝えします。

この記事を読めば、収益化の条件や仕組みを理解することができ、最短で収入を得ることも可能になっていきます。

是非最後まで読んでみてくださいね。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

【最新】YouTube収益化の条件をおさらい!

YouTube収益化の第一条件は、

YouTube パートナー プログラム(YPP)に申し込み、参加を認められること

YouTubeパートナープログラム(以降YPPと略)とは、クリエイターがYouTubeに投稿した動画を収益化することができるプログラムのこと

更に、YouTubeのクリエイター サポートチームに直接問い合わせすることも可能になり、多くの YouTube 機能にアクセスできるようになります。

収益化する上でYPPへの申込は必須なのですが、申し込みをする上で以下の条件を満たしている必要があります。

  1. すべての YouTube の収益化ポリシーを遵守している。
  2. YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。
  3. 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
  4. チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
  5. リンクされている AdSense アカウントを持っている。
  6. 18 歳以上である、または AdSense 経由での支払いに対応可能な 18 歳以上の法的保護者がいる。

一つ一つ確認していきましょう。

①すべての YouTube の収益化ポリシーを遵守している

YPPへの申請を行うと、YouTubeチャンネルが収益化に適しているか、担当者が一つ一つ見ています。

主に見ていく項目は以下の通り。

違反となるテーマを扱っていないか

扱っているテーマによっては、収益化することができません。

違反となる主なテーマはこちら。

  • スパム、欺瞞行為、詐欺
  • ヌードや性的なコンテンツ
  • 子どもの安全
  • 有害または危険なコンテンツ
  • ヘイトスピーチ
  • ハラスメント(嫌がらせ)やネットいじめ

類似したコンテンツばかりではないか

一つ一つの動画の内容が似ていて、同じチャンネル内の他の動画との違いがわからないような場合は、収益化することができません。

例)
・解説や説明が少なく、教育的な価値が低いコンテンツ
・ウェブサイトなど、自分で作成していない資料の内容を読み上げているだけのコンテンツ
・プログラムなどで大量生産されたコンテンツ
・説明や解説がないスライドショーやスクロールテキスト

転載など再利用されたコンテンツではないか

独自の解説などをせず、単純に他者のコンテンツを再利用している場合は、収益化することができません。

例)
・テレビ番組の内容をそのままアップしたコンテンツ
・SNSのコンテンツを集めただけのコンテンツ
・アーティストの曲を集めただけのコンテンツ
・他社のコンテンツのプロモーション

仮に、YPPへの申請が通ったとしても、これらの収益化ポリシーに違反していることが確認された場合、

・広告表示の無効
・YPPへの参加停止
・YouTubeチャンネルの一時停止または停止

などが課される場合があります。

②YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している

これは文章の通りですが、日本はYPP利用可能な国になっています。

その他の国に居住しており、確認したい場合はこちら

③有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。

総再生時間4,000時間と聞くと、なんだか果てしない…と思いがちですが、YouTubeの特性上、過去の動画も再生されるためそこまで難しいことではありません。

上記はあくまで一例ですが、定期的に動画の投稿を続けていくだけで4,000時間をクリアすることが可能です。

もちろん一つの動画がバズり、それだけで4,000時間を達成するというケースもありますが、登録者数が少ないと難しいですし、SNSなどを有効的に利用していく必要があります。

ビジネス系の方であれば、コツコツと投稿を継続していくことが1番の近道になっていきます。

動画の投稿についても、注意したい点があります。

  • 10分以上の長い動画を投稿すること
  • 視聴維持率40%を目標にすること

まず、10分以上の長い動画を投稿することは意識しましょう。

これは収益化した後でもかなり重要なことで、動画の広告表示回数がそれぞれ

・10分以上の動画は3回
・10分未満の動画は1回

となっています。

広告の表示回数が増えれば増えるほど、広告収入を得ることができます。

収益化した後のことも考えて、10分以上の動画を投稿していくことをお勧めします。

また、10分程度の動画であれば、視聴維持率40%を目指すといいでしょう。

視聴維持率というのは、視聴者があなたの動画をどれくらい見ているか?というのを数字化したもの。

10分の動画を視聴者全員が10分見たのであれば、視聴維持率100%になります。

ただそんなことはあり得ないので、5秒で離脱する人もいれば5分で離脱する人もいますので、

10分程度の動画であれば、40%の視聴維持率であればいいでしょう。

視聴維持率は、YouTubeアナリティクスで見ることが可能です。

別記事で詳しく解説していますので、こちらをご覧ください。

関連記事:【初心者必見】YouTubeアナリティクス5つの用語を覚えて登録者を増やそう!

④チャンネル登録者数が1,000人以上である

”1,000人の壁”と言うように、この条件が1番難しいかと思います。

この条件を到達するには、「視聴者のニーズを1番に考えること」

自分の好きなことばかり投稿していても、視聴者に刺さらなければ登録者も増えません。

また、ジャンルの需要と供給のバランスを考えることも大事になっていきます。

最初の壁である、登録者1,000人に最短で到達する方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

関連記事:【2021最新】YouTube登録者数1000人を最短期間で達成する3つの方法

⑤リンクされている AdSense アカウントを持っている

収益化する場合は、AdSenseのアカウントを持っている必要もあります。

⑥18歳以上である

あなた自身が18歳以上、もしくは法的保護者が18歳以上である必要があります。

YouTubeの収入は3種類

YouTubeで収益化といえば、動画の最初や途中に流れる広告収入が真っ先に思い浮かびますよね。

しかし、それ以外にもあるため、きちんと押さえておきましょう。

  1. 広告収益
  2. スーパーチャット
  3. メンバーシップ

こちらはどれも、前述したYPPに申請して通ったチャンネルでしか行えません。

※YouTubeで収益化できるものをご紹介しています。

①広告収益

広告には、以下の種類があります。

それぞれ広告単価に幅はあり、スキップ可能な広告は安い傾向にあります。

また、8 分以上の動画をアップロードすると、動画の冒頭と最後だけでなく動画の途中にも広告(ミッドロール広告)を表示できます。

YouTubeの広告収益は一般的には「100再生されれば1円」と言われますが、ミッドロール広告を導入していけば「100再生に3〜4円」と数倍以上の効果を見込めます。

②スーパーチャット

通称、「スパチャ」。

YouTubeのライブ配信中に、視聴者は配信者へのお礼や応援の気持ちを込めてお金を送ることができます。

1円単位で、100円から最大50000円まで支払うことが可能になっています。

スパチャは、特にVTuberがすごい事になっています。

2020年に最もスパチャを受けたのは桐生ココさんで、なんと総額は約1億6000万円

上位3位(桐生ココさん、潤羽るしあさん、兎田ぺこらさん)は1億円以上のスパチャを受けているんです。

https://image.itmedia.co.jp/

スパチャだけで一大事業となっているわけですね!

③メンバーシップ

メンバーシップは、視聴者がYouTubeチャンネルに月額料金を払うことにより、クリエイターを支援できるシステムのこと。

会員となることで、メンバー限定の特典を得られます。

いわゆる、オンラインサロンのYouTube版と考えていいと思います。

ちなみに、情報発信の世界では有名なマナブさんですが、このメンバーシップ を導入しています。

加入者は1000人を超えているようなので、メンバーシップ だけでも月額50〜70万円を収益があるようですね。

なぜYouTubeで広告収入が発生するのか?

YouTube収益の条件や種類が分かったところで、なぜYouTubeで広告収入発生するのか?というところにも触れておきたいと思います。

会社は宣伝のために、YouTubeというプラットフォームを使って広告を出します。

YouTubeで広告を見た視聴者が魅力を感じれば、その会社にお金を払うことになるんですね。

YouTubeは、動画に広告を表示させるために、そのYouTuberにお金を支払うことになるのです。

まとめ

YouTubeの収益化の条件は、

  • 総再生時間4,000時間
  • チャンネル登録者数1,000人

と一見厳しいように見えます。

確かにYouTubeを運営する上で最初が1番難しいと感じますし、そこでYouTubeを諦めてしまう方は多いものです。

しかし、達成した後に振り返ってみると、「案外難しくはなかった」と思えるものです。

まずは継続すること。

そして改善を繰り返すことで、短期間で達成していくことが可能ですので、是非頑張っていきましょう!

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる