【複数の実例紹介】YouTube登録者数1000人の収入の目安とは?

「YouTubeで登録者数1,000人を超えるとどのくらいの収入になるの?」

「登録者数1,000人を超えたけど、自分の収益って周りより低いのかな…」

YouTubeは「登録者数1,000人を超えると広告収入を得ることができる」というのはご存知の方も多いと思います。

実際にはもう少し細かく条件はあるものの、YouTubeチャンネルを始める方にとって、”登録者数1,000人”は最初の関門になっていますね。

「やっと収益化ができた!」となれば、気になるのは登録者数1,000人を超えた時の収益はいくらなのか?ということ。

そこで今回は、許可をいただいたクライアントさんの実例を特別に公開していきたいと思います!

僕はYouTube歴5年を超え、現在は数多くのYouTuberさんをプロデュースしています。

本来は絶対に見せることはできないものですが…、3人から特別に許可を得ることができました!

是非最後まで読んで、YouTubeチャンネル運営の参考としてみてくださいね。

【この記事を書いた人】

You Tubeマーケッター・オサム

起業家・フリーランス向けにYou Tubeの活用術を発信している。

2016年からYou Tubeを始め広告収入で月49万円、毎月500万円の売上を出すYou Tuberのプロデュース業など数多くのチャンネル運営に携わってきた。

小さなチャンネルでも売上を10倍にするSmall You Tube Marketingの創設者でもある。

>>Small You Tube Marketingの詳細はこちら

目次

YouTube広告収益は登録者数に比例しない

実例をご紹介する前に、最初にお伝えしたいことは

YouTubeの広告収益は登録者数に比例しない

ということです。

YouTubeの広告単価は一般的に一再生あたり0.1円と言われている通り、登録者数がどんなにいても、再生されなければ広告収益に直結しません。

例えば、以下のような2チャンネルがあったとします。

広告収益は、再生回数×広告単価で決まります。

Bチャンネルの方が登録者数が10倍ですが、再生回数は少ないためAチャンネルより収益が低くなることがわかります。

もちろん、登録者が多いほど再生回数も伸びやすい傾向にありますが、1本1本の動画のネタが最重要になっていきます。

需要のあるネタであればあるほど再生回数が伸びる
 →再生回数に比例して広告収益も増えていく

広告収益を上げていきたいのであれば、

その動画がどのくらい需要があるのか?ネタ選定が最も大事になってくるというわけです。

また、再生回数以外の要因として広告単価も重要になってきます。

これは、チャンネルのジャンルやネタによってかなり変化の大きい部分ではあります。

高単価なジャンルについては別記事にしていますので、こちらもご覧ください。

関連記事:【収益が10倍に!】YouTube広告単価の高いジャンル5選を紹介

つまり、登録者1,000人になった時の収益はそのチャンネルによってばらつきがあるということです。

数千円の場合もあれば、数十万円ほどの収益を得る人もいるのが現状なのです。

【実例紹介】YouTube登録者数1,000人の収益はいくら?

では、実際にYouTube登録者数1,000人を超えた時の収益について、実例を3つほどご紹介したいと思います。

①スポーツ系チャンネル

まずはエンタメ系のスポーツチャンネルの例です。

1,000人を超えた時の収益は、36,000円前後となっています。

広告単価は、巷でよく言われる0.1円より少しだけ高いくらいでしょうか。

ちなみにこのチャンネルは、1,000人を超えた時の動画本数は9本と、かなり少ない動画数で収益化に成功しています。

なぜこのような少ない本数で収益化できているかというと、徹底的なライバルリサーチが理由です。

先ほども広告収益を増やすには、「再生回数を伸ばしていくことが大事」とお伝えしましたが、このチャンネルもまさに需要が多いネタを狙ってチャンネル運営をしていました。

こちらのチャンネルの具体的なライバルリサーチについては別記事にしていますので、こちらもご覧くだだい。

関連記事:【実例】YouTubeチャンネル登録者数1,000人を9本の動画で達成した秘訣とは

②芸能系チャンネル

こちらもエンタメ系のチャンネルになります。

1,000人を超えた時の収益は、92,000円前後となっています。

先ほどのチャンネルよりと比べると、再生回数にそこまでの開きはありませんが、広告単価が2倍以上あります。

このように、同じエンタメ系でも収益は異なるのが現状です。

こちらはミッドロール広告を入れたことで1再生あたりの広告収入を増やしています。

ミッドロール広告とは?
 動画の途中で流れる広告のこと。
 8分以上の動画であれば入れることができ、広告収益アップも狙えます。

③恋愛系チャンネル

こちらは恋愛系チャンネルの実例になります。

こちらのデータは、登録者数1000人を超えた時にYPP(YouTubeパートナープログラム)に申請するのを忘れていて、登録者数6,000人以上の時の情報です。

それでも初めての収益は4,700円前後ということで、先ほど紹介したチャンネルよりもかなり低い金額になっています。

これは、恋愛系の中でも「広告掲載の制限を受けているジャンル」になるため。

恋愛系チャンネル全体が上記のように単価が低いわけではありません。

つまり、登録者数が6,000人いてもジャンルやネタの需要によってはこのようなことも起きてくるわけです。

※このチャンネルについては、広告収益をメインにしているわけではなく、YouTubeを使って集客をしている実例にはなります。

まとめ

今回は、チャンネル登録者数1,000人の時の広告収益の実例をご紹介しました。

実例からもわかる通り、広告収益は、登録者数よりも再生回数や広告単価が大事なことがわかります。

再生回数を増やしていくには視聴者にとって需要のあるネタを投稿していくこと。

それに尽きます。

徹底的にリサーチをして、需要のあるジャンルやネタを投稿していきましょう!

弱小チャンネルの売上を10倍にする秘訣に興味はありますか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる